住宅ローン基礎知識、借入額の目安について知る

住宅ローン基礎知識を知っておきましょう。
近い将来マイホームの購入を検討している人も多いと思いますが、多くの人が住宅ローンを利用する予定だと思います。

 

しかし、住宅ローンでどれくらいまで借り入れしてよいのかということがわからないため、具体的に物件選びも出来ないという人も少なくないでしょう。

 

住宅ローンを組む場合には無理なく返済出来る範囲でローンを組みたいという人も非常に多いと思います。

 

 

マイホームに妥協したくないという人も多いでしょうが、購入額が高額になって、無理をして返済が厳しくなるような住宅ローンを組んでしまい、せっかくマイホームを手に入れたのに、生活が非常に苦しくなってしまうというのは避けたいところですよね。

 

そこで、自分の収入に対してどれくらいの割合であればローンを組んだらいいのかという大体の目安を知りたいという人も多いのではないでしょうか。

 

一般的に借入額の5分の1の年収があれば大丈夫ということを聞いたことがある人もいると思いますが、よく世間で言われているこの目安は、あくまで住宅ローンを組むことが出来ると思われる目安です。

 

よって、無理なく返済できるという点から考えるともう少し借入額が少ない方が良いと考えられます。

 

年収が借入額の4分の1以上を占めることが出来るようにローンを組むことが出来れば、ローンの返済で生活を大きく苦しめるということはないと思います。

 

あくまで目安なので、全てのケースにあてはまるとは限りませんが、参考にしてみて下さい。


住宅ローン基礎知識、変動金利型のメリット、デメリットとは

住宅ローン基礎知識をつけましょう。
初めて住宅ローンを組むという人は住宅ローン選びも大変だとは思いますが、どのような金利タイプを自分は選択するべきか、というのも事前に検討しておくと良いでしょう。

 

住宅ローンの金利にはタイプがあって、そのなかから選択することができるようになっています。

 

それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分の状況にあった金利タイプを選ぶためには、そのメリット、デメリットを把握しておく必要がありますよね。

 

ここでは、金利タイプの一つである、変動金利型の特徴やメリット、デメリットについて紹介したいと思います。

 

 

変動金利型とは、その名称の通り、金利が変動していくタイプです。

 

世の中の経済情勢によって金利が上下するのに合わせてローンに金利も上下していくことになります。

 

半年に一回金利の見直しが行われていきます。

 

この変動金利型のメリットは当初設定した金利よりも見直しによって金利が下がることがあるということです。

 

デメリットは見直しの際に逆に金利が上がってしまう可能性もあるということです。

よって変動金利型というのは世の中の景気に大きく左右されるものであり、メリットが大きくなるかデメリットの方が大きくなるかを絶対的に予測できる人は誰もいないということになります。

 

しかし、変動金利型のなかには上限金利特約付変動金利型といって、上限金利をあらかじめ決めて、それ以上は金利を上げないというタイプもあります。

 

しかし、最初の金利が通常のタイプよりも若干高めに設定されます。


住宅ローン基礎知識、自分のプランに合った金利タイプを選ぶことが大切

住宅ローン基礎知識として住宅ローンを組む際に大きなポイントとなるのが金利に関してだと思います。

 

ちょっとした額を短期間借りて返済していくのであれば、金利についてあまり大きな問題とはならないかもしれませんが、住居の購入という高額なものとなれば、金利が少し違うだけでも負担は大きく異なってきます。

 

住宅ローンの金利に関する問題というのは、少しでも金利の低いところで住宅ローンを組むということだけではありません。

 

返済する際にどのような金利タイプを選んで返済していくのかというのも非常に重要となってくるのです。

 

 

そもそも金利にタイプがあるということを始めて知ったという人もいるかもしれませんが、金利には大きく分けると3種類のタイプに分けることが出来ます。

 

その3つのタイプとは固定金利型、固定金利選択型、そして変動金利型です。

 

また固定金利型であっても、全期間固定金利タイプと段階金利タイプに分かれますし、変動金利型も変動金利タイプと上限金利特約付変動金利タイプに分かれます。

 

 

始めて聞く人にとっては何がどのように良いのかさっぱりわからないし、結局どれを選べば良いのだろうと思いますよね。

 

これらのタイプにはそれぞれメリット、デメリットがあるので、これらを把握した上で自分の今後の返済プランにあった金利タイプを選んでいくことになります。

 

自分にあった金利タイプを選ぶことが出来るようになるためにはそれぞれの特徴をしっかりと把握しなければいけないということになります。

 

 

 

 

マイホームの購入は人生のなかでも高い買い物の一つであるという人がほとんどだと思います。マイホームを将来持ちたいと子供の頃から思い続けてきた人もいると思います。その念願のマイホームを購入しようとしている人もたくさんいると思いますが、マイホームの購入を現金で一括で支払うことが出来る人は非常に少ないと思います。そこで多くの人が利用することになるのが住宅ローンです。住宅の購入する時にこのローンを利用するというのは、多くの人が何となくイメージ出来ていると思いますが、ほとんどの人が初めて利用することになると思いますし、住宅ローンというのがどのようなローンで、どのように返済していくのかというのを具体的に把握している人はほとんどいないのではないでしょうか。そのような状態のまま、住宅ローンをアテにしてマイホームの購入を決意するのは、問題があるのではないでしょうか。

現在では、住宅ローンのサービスを取り扱っているところも増え、サービスの種類も多様化していることをご存じでしょうか。一昔前であれば、どこのサービスを選んでも大きな差がないという状態だったのが、現在では、どこのどのサービスを選ぶかによって大きく差が出てくる時代になっているのです。ということは、今まで以上にどのような業者が取り扱っていて、どのようなサービスがあるのかということをしっかりと理解して、たくさんの情報を集めて比較した上で、自分に合ったものを見極めてしく必要があるのです。せっかくマイホームを手に入れたのに、ローン返済に追われる苦しい日々になってしまったり、最悪の場合、マイホームを手放すことになってしまったという可能性もゼロではありません。そういったことにならないためにも、自分が申し込もうとしているのはどのようなローンなのかというのをよくわからないまま申し込むということがないように、最低限の知識くらいはしっかりと身に付けた上で申し込みを検討してほしいと思います。